株式投資と市場の動きは数字だけで見てはいけない

 

今回は、株式投資についてです。株式とは、会社が資金を調達するための手段の一つです。公に販売することで、支援を募ります。逆に投資家は、これを購入して、取引することで、利益の獲得を狙うことができます。

 

お互いがそれぞれの利益のために、株式を利用することができる、ということです。ここまでの説明でご理解いただけたと思いますが、株式は、企業の成長に基づいています。つまり、会社が利益を伸ばさないと、何も始まらないのです。

 

これを聞いて、あなたは何を思うでしょうか?「頑張って、利益を出しそうな会社を見つけないと」、と思うでしょうか?それとも、「テキトーに買っとけば、お金は増えていくんでしょ」、でしょうか?後者の方は、少し危険です。

 

というのも、株式は決して運の勝負にすべきではないからです。もちろん、そのような興奮を求める人もいるかもしれません。ギャンブル感覚とでも言いましょうか。しかし、株式はどちらかというと、もっと丁寧に、手順を踏みながら扱う必要があります。

 

決して、賭けにすべきではないのです。どのような会社が今後伸びそうかは、調べれば調べるほどわかります。業界に精通することも重要です。どのようにリスク分散をするかも考えましょう。一箇所にリスクを集中させないことは、投資の基本中の基本です。

 

株式市場は、人間の感情により動きます。だからこそ、数字を追うだけでは理解できないことがあります。そこまで考え出すと、きっとあなたも、奥深さに感動することでしょう。