米国株取引による利益を引き上げるには

米国株をこれから取引したい、という人に向けてこちらの記事をご用意しました。米国株は日本株のようでありながら、ちょっとした違いもあります。基本的には、日本株の場合と同じように、米国株の取引を行うことができます。

ただし、知っておくべき違いはいくつかあります。今回の記事では、そんな部分に焦点を当てることで、これから米国株の取引を始めて、さらにはちゃんと利益を上げていきたい人にお役立ていただきたいと思います。

日本株と米国株の間には取引時間の違いがあります。日本の株式の取引をしたことのある人であれば、昼間に取引ができる利便性をよくご存じでしょう。

アメリカにはアメリカの取引時間というものが存在します。現地では日中にあたるのですが、時差があるために、日本では夜中になってしまいます。これが基本的な営業時間の違いです。では、日本からは、夜中にしか取引ができないのでしょうか?

答えは「いいえ」です。決して、夜更かしが必須であるわけではありません。日本から米国株の取引をするとなると、日本の証券会社を利用するのですが、証券会社によっては、独自の取引時間を設けているものもあります。

それを利用することで、日本の日中でも、ストレスなく取引に従事することができます。さきほどの「夜中」という取引時間ですが、実は、これがプラスに働くこともあります。というのも、昼間に仕事をしている人にとっては、夜中でないと時間を確保できない、という状況は珍しくありません。ライフスタイルにあわせて快適な方をお選びください。